とくまりンゴの日記

86に乗りながら鳥とカメラを愛でるブログの予定です。

【写真】スナップショット(2018/7/22)日吉ダムその2

こんにちは、@t_yamarimo です。

引き続き、日吉ダムになります。
※前回 t-yamarimo.hatenablog.com

今回の豪雨の事を書いてあるかなと思って、堤体内の展示室に行ったのですが、まだ更新されていませんでした。

ついでと言っては何ですが、クレストゲートについて、スペックをちゃんと書いているサイトに行きつかなかったので、メモついでに撮ってました。

1門で772㎥/sとなり、4門あるのでクレストゲートのスペックは最大3088㎥/sとなります。コンジットゲートがたしか、1門で250㎥/sの計2門なので、最大500㎥/s。今回の放流量を見る限り使ったとは言えほぼクレストは開けていなかったのかなと。

説明文にありますが、"非常用洪水吐ゲートから放流することは20年に1度くらいの確立"と言う所と、"日吉ダムでは幸いなことに管理開始後1度も使用したことはありません"と言うのがなんとも。

日吉ダムの完成が1997年なので、まぁだいたい20年と言われればそんなもんなのかなとも。2回目の出番が無いことを祈るばかりですが。


ちなみに日吉ダムは一般の人でも使えるエレベータが設置されており、1階が展示室、3階が天端となっており、今まで2階にはボタンを押してもなぜか行けませんでした。
今回なぜか2階が押せるようになってたので、何があるのかと言ってみると、キャットウォークにあたるんですかね。通路があり、ダムの中腹に出てきました。

目の前の白いのがエレベーターです。歩ける場所はかなり限られてますので、まぁ行っても行かなくてもって感じの場所かもしれないですけど、こういう気遣いがうれしいところです。

天端に向かいまして、貯水湖を見てみますと、割と水位が下がってたので、なんだかんだ放流してたみたいです。水位は見てないですけど、この辺りが洪水期の満水位くらいですかね。

クレストゲートを上から見てみますと、やっぱりそれなりに汚れてるなぁと。まじまじと見ないので実は元からこんなもんだったのかもしれないですけど。

よく見ると、木に泥がついているラインがあります。察するに豪雨時はあそこまで水位があったんでしょうね。ダムとの比較写真が無いですが、あの辺りまで水があると割とダム本体ぎりぎりの水位になりますので、今回の豪雨の凄まじさが残ってます。

小言にもなりますがこの記事を書いている現在、愛媛の某ダム操作が悪かったとか、天災ではなくこれは人災と言う話もあるようですが、個人的にはダムに限らずどれだけ人間が頑張った所で自然に完全に勝てるわけが無いので、今回で言えば結局どんなに優秀なダムがあっても洪水を100%防げるわけではなく、私たちが安全な場所に逃げるまでの時間稼ぎをする存在だと思います。

また、多目的ダムには利水や発電等の洪水調節以外の役割があるものもあるので、貯水湖を空にする事もできませんし、洪水調節目的しかないダムでも貯水湖の容量には限界があり、容量を超えて越流してしまうと洪水調節機能は失われ、最悪決壊してしまうリスクもあります。そのあたりの事情を総合してダムが悪いと言っている人がどれだけいるのか、疑問ではあります。

ただ、私の意見は傍から見ている人の意見に過ぎないので、実際に被害に遭われた方の気持ちを考えるとそのまま、上記の事が言えるかと言えば、そこは正直なところ何とも言えません。

つまるところ、あくまで勝手な意見にしかなりませんが、日吉ダムのように被害を最小限に抑えようとダムも人も頑張って乗り切った豪雨でもあります。(他のダムも見えていないだけでそうだと思いますが)一概に世間のダムに対する風当たりだけが強くなるのはダムを回っている身としても大変悲しいので書かせてもらいました。


おわり

【写真】スナップショット(2018/7/22)日吉ダムその1

こんにちは、@t_yamarimo です。

今回は平成30年7月豪雨でも何かと話題に取り上げられておりました、日吉ダムになります。いつぞや安濃ダムの記事に割り込ませて本ブログでも若干触れていましたね。

※いつぞや
t-yamarimo.hatenablog.com

さすがに2週間も経てば日吉ダムも落ち着いたかなと思いまして、久しぶりに行ってみる事にしました。到着すると、思いのほか人が多く、BBQ的な人で駐車場付近は埋まってました。
当たり前ですが、日吉ダムがどうって目的で来てる人なんてほとんど居ないんでしょうね。

道の駅側から日吉ダムに向かいます。こうして見ると、あの豪雨とは何だったのかと思うほどの晴天ですが、河川を見るとまだ濁ってますので、まだ豪雨は終わってないんだなと。丁度、このアングルから日吉ダム?のキャラクターである、ゆっぴ~がクレストから放流されてた時の写真をTwitterに投稿してましたね。

※ゆっぴ〜氏のTwitter


ブルーシートがかけられている場所もあるので、当時この辺りの水位や水の流れは相当なもんだったんだろうなと改めて感じます。

こちらも木の根元辺りの土がえぐられてますね。どれだけの勢いで流れたらこうなるのか。そもそも川の流れに加えて山からの水もあると思いますので、よく木は紙一重で粘っているなと、この辺り自然のたくましさってやつですかね。

そんなこんな歩いていると日吉ダムです。よく知っているダムだからと言うのもありますが、今回の豪雨で本当に最後の最後まで耐えてくれました。本当にダムを管理していた皆さまありがとうございました。

気持ち、全体的に薄汚れているのは雨のせいですかね。この日はクレストもコンジットも閉じられており、脇の常用洪水吐からのみの放流でした。

まさかこのゲートを使う日が来るとは、と思わずにはいられません。台風のようにすぐ去っていくものならまだしも、連日の大雨ともなるとダムとは言え限界もあります。限られた貯水湖の容量の中、本当に頑張ってくれました。

つづきます。

【写真】スナップショット(2018/7/21)八塔寺川ダム

こんにちは、@t_yamarimo です。

安室ダムを見終わり、いい加減帰路についても良かったのですが、ほぼ真隣りに八塔寺川ダム(はっとうじがわ)がありましたので勢いで行ってしまいました。
※前回 t-yamarimo.hatenablog.com

塔寺川ダムは岡山県のダムになりますので、いよいよ下道でここまで来たかと言う感じでもあります。さすがにもう日帰りは限界ですかね…。

そんな訳で向かったのですが、1時間かからなかったくらいですかね。この手のダムあるあるなんですが、地図上は隣でも道が無いので割と遠回りせざるを得ないって所です。そうならないように本来は事前のルート決めが大切になるのですが。

ダム管理所でカードは土日も配布されてます、滑り込みで頂きました。全く下調べせずに行ったのでどんなダムかと思いましたが、クレストの非常用洪水吐の数がやたらと多い。高さはそれほどない代わりに長さは割とあるダムに見受けられます。

天端もこんな感じで端が見えませんね。これは中々大きなダムに最後出くわしたかもしれんね。


写真が前後しますが、こちらがダム管理所、八塔寺川って何か景観でも有名なのか分かりませんけど、やたらと可愛らしい見た目をした管理所でした。奥の建物も最近閉店したみたいですが、カフェだったようです。おそらくサイクリングとかウィーキングとかそういう人たち向けの場所にするつもりで駐車場とか飲食できる施設を用意したけど存外振るわなかったとかそんなんですかね。何も調べずに言ってますけど。

貯水湖はそれなりの大きさと水位ですかね、バス釣りとかしてる人のブログも出てきますので、その辺の界隈では有名な場所なのかもしれんです。

常用洪水吐を見ると少し面白い形をしてました。ダムからはそのまま放流されてますが、水たたきの部分に三角形の突起物があり、水が三方向に分かれて流れていきます。これは減勢の役割なんでしょうけど。中々綺麗に見えたのでこういう細かい所にもこだわりを感じます。

取水口側は特に特記することは無いのですが、何か差し込めそうなガイドがありますので、試験湛水の時にふさいだりしたのかなぁと。

ダムの看板がある部分もこだわってまして、四季折々のどこかの風景が彫られてました。ちなみに堤体にも備前焼が埋め込まれていたりしましたので、なんとも今までのダムとは毛色が違う感じだなぁと。景観景観ってやたらと拘っている京都のダムならまだしも、岡山のダムが何でこんなにこだわっているんだ(地元への暴言)

一番端まで行くとダムが見えるには見えるのですが、長いので一番端は見えませんね。これ全部の非常用洪水吐から放流してたらかなり綺麗なんだろうなと。

ちなみにダムの横の公園らしき所には謎の石碑がありました。唐突なミステリースポット感を主張しないでくれ。

適当なことばかり書きましたが、この八塔寺川ダムは非常に見た目もよく、こだわりを感じる印象深いダムでした。近隣住民や河川に配慮されているダムはもちろんですが、見た目にも地域性を出しているダムはあまり無かったので好印象です。ここから大阪まで戻る事さえ考えなければ非常に良いダムでした。


おわり