とくまりンゴの日記

86に乗りながらダムとか街とか回ってます。野鳥撮影も好きです。

【写真】スナップショット(2018/10/7)黒木ダムその1

こんにちは、@t_yamarimo です。

苫田ダム見学、苫田ダムカレーを食べ終わり、当初の目的は達成した訳ですが、せっかく岡山まで来ているので近くのダムを回っておきます。

※前回t-yamarimo.hatenablog.com

次の目的地は黒木ダムになりまして、地図上はほぼ苫田ダムカレーを食べた場所の横なのですが、道が無いので大回りして1時間ほどかかってしまいました。

この黒木ダム、特に事前の下調べで気になるポイントは無かったのですが、岡山県の農地防災用の重力式コンクリートダムとしては1号らしいです。それなりに年季が入っており昨年は50周年記念ダムカード配布なんかもあったようです。


そんな訳で駐車場からですが、ダム管理所で土日も配布いただいております。
f:id:t_yamarimo:20181011214339j:plain

それほど大きなダムではありませんが、FAWPの役割を持っている多目的ダムですね。
f:id:t_yamarimo:20181011214355j:plain

貯水湖の水位は非常に低いです。最低水位くらいにも見えますがどうなんでしょうか。手前に草が生えてますので、普段からあまり貯水しないダムなのか、あの辺りは洪水調節容量だからそれほど使われていないのか。
R0017361

天端を見るだけで所々、コンクリートのひび割れも見えますので、さすが半世紀生きていたダムだなぁと。全体的に年季が入った感じでもあります。
R0017365

行った時間が良かったのかもしれませんが、こうしてみると貯水湖は非常に綺麗ですね。頑張れば逆さ富士までは言いませんが、そこそこ綺麗に反射した写真が撮れたかもしれません。
R0017367

つづきます。

【写真】スナップショット(2018/10/7)苫田ダムその3

こんにちは、@t_yamarimo です。

引き続き、苫田ダムになります。色々と写真を撮ってましたので、記事が長くなってます。

※前回 t-yamarimo.hatenablog.com

ゲートの見学も終わったので、外観をもう少し。サーチャージ水位(要は満水位と思ってください)まで到達した際は脇からも放流するのですが、階段式の洪水吐になってます。これは殿ダムでも見ましたが、階段式洪水吐きと言う下流を意識した設計のやつですね。
f:id:t_yamarimo:20181010230842j:plain

※いつぞやの殿ダムt-yamarimo.hatenablog.com

あまり詳しく用途知りませんが、本来ダムの放流は急激な勢いのまま下流に流すと、生態系や近隣への影響があるので、減勢工を用意しているのですが、このダムは階段を流れるときに勢いを減らすんだとか。下流に流れるまでに水温も調整してくれるので、下流の生物が急激な寒暖差で死ぬことも防ぐとかなんとか。なんとも画期的。

あと、あまりダムは関係ないですが、貯水湖をカルガモが泳いでました。写真だと全く分かりませんが、一応泳いでます。こちらに気づくと警戒しながら遠くに泳いでいきましたがどこまで見えているんでしょうね。
f:id:t_yamarimo:20181010230856j:plain


せっかくなので、上からも引張ラジアルゲートを見ておきます。
R0017353

これで苫田ダムの見学は終わったのですが、こちらのダムはダムカレーがありましたので、岡山までせっかく来たし食べて行きました。(場所は30分くらい離れてます)ダムカードがあると200円引きなので、順番的には順当ですが、ダムに行ってカレーですね。

こちら割とカレー好きに対しても考慮がされているようで、結構辛くこだわってそうな味でした。辛いもの好きだと良いのですが、まぁあまり得意ではない人は最初から構えておいたほうが良いかもしれないですね。個人的には美味しかったし、見た目も苫田ダムを意識されていたので高感度は高いです。
f:id:t_yamarimo:20181010230907j:plain


最近のダムらしい、といえばそれまでではあるのですが割と満足度の高いダムだったなぁと。

おわり