読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とくまりンゴの日記

86に乗りながら鳥とカメラを愛でるブログの予定です。

【写真】最近の写真撮影(2017/3/4)花園恐竜ランドその5

こんにちは、@t_yamarimo です。
花園恐竜ランドその5になります。
※前回
t-yamarimo.hatenablog.com

 

 前回の最後で六道会に迷い込んでしまいました、その続きです。

 f:id:t_yamarimo:20170316121932j:image

 奥に進んで行きますが、さっそく恐竜型とは無縁の展示へと変貌をとげます。

 

3Dの絵になっており、歩きながら眺めると絵が動きます。

 

小さい頃、食玩のオマケとかについてたあれです。

  

f:id:t_yamarimo:20170316121937j:image

 

なぜ、立体的にしようと思ったか分かりませんが、そのまま眺めるよりは躍動感があるのではないでしょうか。

 

進んで行くと、目が光る閻魔大王っぽい人が待ち受けております。

f:id:t_yamarimo:20170316121944j:image

 

ああ入口になんかこんな写真あったな。

 

ここで裁きを受けて、天国か地獄か順路が決まるのでしょうか。

 

閻魔大王の後ろには手書きの看板で極楽とあります。

 

f:id:t_yamarimo:20170316121949j:image

 

この橋って上から見えてた奴だけど、極楽橋だったんだなぁ。

 

f:id:t_yamarimo:20170316121953j:image

ちなみち橋の向こうは行き止まりなので、我々は地獄に行く道しかありません。

 

順路通り地獄ルートへ行くと、 こんな感じの地獄で受ける罪の紹介になります。

f:id:t_yamarimo:20170316122000j:image

展示物の陰にはBOSEのスピーカーがあり、低音を響かせて臨場感を醸し出しております。

 

しかし、ここに限った話ではありませんが、なぜ地獄は炙ったり煮たりと、とりあえず人間を調理しようとするのでしょう。

 

地獄を巡り終わると、鏡があります。

徳を積んだ人は仏に姿が変わる特殊な鏡らしいです。

 

f:id:t_yamarimo:20170316122006j:image

 

眺めていると…

 

f:id:t_yamarimo:20170316122011j:image

 

ああこういう感じね。

 

マジックミラーだったとかそういう事は置いておき、徳を積んだので次回は天国コースを巡ります。

 

おわり