読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とくまりンゴの日記

86に乗りながら鳥とカメラを愛でるブログの予定です。

【写真】最近の写真撮影(2017/3/4)花園恐竜ランドその7

こんにちは、@t_yamarimo です。
更新の間が空いてしまいましたが、花園恐竜ランドその7になります。

 

今回で恐竜ランドは最後になります。
※前回
t-yamarimo.hatenablog.com

 

前回の終わりでボールペンを使うように指示されたところからです。

  f:id:t_yamarimo:20170321143724j:image

 ここで急にパーティゲームにありそうな重さ当てクイズが始まります。

 

正解は入場券の裏側に記入するらしく、その為のボールペンでした。

 

正解は越後製菓と言う事で、答えは皆さんで実際に計って頂きたいです。

 

ちなみにあの石はその辺の河原で拾ってきたものらしいです。

 

恐竜ランドも終盤になり、ティラノサウルスみたいな物がいるくらいでした。 

f:id:t_yamarimo:20170321143734j:image

 

最後にして今更ですが、階段や足場がよく滑るのでヘルメットを被って足場には注意してください。

 

恐竜要素がなくなると、光る石のコーナーになります。

f:id:t_yamarimo:20170321143738j:image

 

仕組みがよくわからないのですが、フラッシュを焚くと普通の石に戻ってしまうのに、暗闇で設置されているライトを当てると写真のような色に変化します。

 

おそらく恐竜ランドで唯一素直に感心するコーナーでした。

 

 石のコーナーを抜けるともう出口です。

f:id:t_yamarimo:20170321143745j:image

 

色々ツッコミながら散策しましたが、時間にして1時間半前後でしたでしょうか。もっと長くいたような錯覚さえ覚えます。 

 

 恐竜ランドのまとめとしましては、前知識以上の内容で非常に満足度の高い謎具合でしたが、それ以上に出来上がった経緯が本当にわからない場所でした。

 

ネットで調べてもあまり情報が出てきませんが、その昔は一大テーマパークを予定していたのかもしれません。

 

今も年間結構な数の観光客は来ているらしいのでなんだかんだ、有名なスポットなのかも知れないです。

 

 山の中なので冬場に行くのが大変なのと、大阪から3時間の距離を考えるとなかなか行くのが億劫ですが、こう行った場所が好きな人にはお勧めしたいです。

 

おわり