とくまりンゴの日記

86に乗りながら鳥とカメラを愛でるブログの予定です。

【写真】スナップショット(2018/5/1)日本橋散策

こんにちは、@t_yamarimo です。

今回は久しぶりに1日自由な時間ができましたので、普段あまり回る事のできない場所をまとめて散策してみる弾丸スナップショットです。いいのか悪いのかは別として回りたいところを回っていく感じです。

そんな訳で1箇所目は大阪日本橋になります。東京はにっぽんばしで大阪がにほんばしだったような、逆だったような、すごく曖昧ですけど気にしている人いるのかって気もします。

日本橋は関西圏で有数のサブカルチャーの都市なのですが、やはり秋葉原に比べると勢いといいますか、空気が違うなあと思います。この辺りは個人的な思い出補正も大きいのでなんとも言えませんが、やはりサブカルチャー関係の店舗数といい、店舗のあるエリアといい、異質な空気はあまり感じませんかね。普通に歩きやすいのでそれはそれでいい気もしますけど。

サブカル的なものはあまり撮影する場所もないので、今回は少し路地に入って側面から日本橋を見られたらなと考えてます。

秋葉原も少し裏道に入ると、昔ながらの電気屋さんのようなお店が多いのですが、日本橋も同じような感じでして、どちらかといえば電気屋というよりは土木関係の道具を売っているお店が目立ちます。

この文化が混ざり合うようで混ざっていないように見える異質な感じが、この手の都市を歩いていると違和感につながるのかも知れません。

秋葉原に比べると、外国人は少ない代わりに土木関係の作業着っぽい方が歩いているのが目に留まりました。秋葉原に比べるとってだけで外国の人の声しか聞こえないのですが、割と仕事中っぽい人が歩いているなぁと印象を受けました。

すごくコントラスト的に写真映えしそうな色使いでしたので、撮影してみました。

売っているものとしては道具関係ですかね、道具ってすごくざっくりしていますが、電装関係ではなさそうでした。秋葉原と違ってその辺りに東西の色が出ているのかも知れないですね。

日本橋のメインストリートを抜けて、夕陽ヶ丘方面に歩いていく事にしました。道中に見つけた、つけ鴨うどん屋さん。宗教上の理由から鴨肉は食べられないので美味しいのかも知れませんがおそらく行くことはなさそうな。

日本橋の位置が分かる方なら何となく分かると思うのですが、すぐそこに大阪と言えばと言われるほどの有名な通天閣もあります。昔夜中に歩いて通天閣から日本橋まで歩いた事はありますので、行けない距離では無いです。

次の目的地は夕陽ヶ丘なのですが、どのような街なのか特に調べずに向かっています。道中段々とゴミや落書きが増えてきましたので、まずい所に向かってるのかなぁと思いながらの1枚です。

大阪の日本橋は個人的にはあまりサブカルっぽくなく、昔からのお店が今も残っている下町的な印象を受ける都市なのかなぁと思わなくも無いです。

個人的には関西でディープさだけでいえば、三宮センタープラザの方が深い気がします。日本橋はアクセスも良くビックカメラとかソフマップがあるので、デジモノを買うにはいい所なんですけどね。

おわり