とくまりンゴの日記

86に乗りながらダムとか街とか回ってます。野鳥撮影も好きです。

【雑記】SKAGENの電池交換

こんにちは、@t_yamarimoです。

 

今回は例によってネタがないので、普段使っている腕時計の電池交換を自分でした時の事でも記事にしようかなと思います。本当に書くこと無いんだなって感じではありますけど。

 

私の使っている腕時計ですが、SKAGENと言うメーカの腕時計になります。基本的に腕時計はしない人だったのですが、誕生日のプレゼントで貰って以来なんだかんだ今日まで使ってます。

 

購入直後から動かなくなり、販売店に相談して新品に一度交換してもらってもやっぱり動かないとか購入直後は色々ありましたが、今日では動かなくなる頻度は非常に減って安全可動しています。何とも癖のある子が可愛いといいますか、なんと言いますか。

 

そのため、いつもの持病で動かなくなるのか電池が切れて動かなくなるのか非常に判断に迷う場面はあるのですが、今回はどうやら本当に電池が切れてしまったようです。

 

3年くらい前にも電池切れで、時計屋に交換依頼に出したこともあるのですが、預かり30分程、料金は1300〜1500円?くらいと、中々お金と時間がかかったので今回は自分でしてみようかなぁと。(なんかSKAGENは薄いから交換に技術が要るとか言われたような)

 

まぁネットで調べて見る限り自分で交換している人は普通に居るので多分大丈夫だろうと。失敗してもブログの記事にはなると言う後ろ盾もありますし。

R0017442

 

調べてみるとこのSKAGENのモデルは「SR920SW」という型番のボタン電池らしかったので、仕事帰りにヨドバシで購入してきました。1個186円。

 

Amazonで買えばもっと安いのもあるかもしれませんけど、まぁこの価格帯のもんなんでそんなに拘る必要もないかなと。 

f:id:t_yamarimo:20181020122252j:image

 

手順は当たり前ですが、裏側の蓋を開けて、電池を交換する事になります。写真では連れの腕時計も一緒に交換しているので2本あります。気をつける事も無いですが、まぁ傷をつけないようにマイナスドライバーの先端を布やティッシュで覆っておくくらいでしょうか。
f:id:t_yamarimo:20181020122247j:image

 

電池の取り出しは特に気をつけることはありませんでした。SKAGEN特有の注意点としては他の人のブログでも書かれてますが、時計自体が非常に薄いので文字盤側のガラスが非常に薄く、蓋を閉めるときにガラスを押さえると割れてしまうとかなんとか。確かにこれは一撃だと思うので、そこだけは注意ですかね。
f:id:t_yamarimo:20181020122244j:image

 

まぁそんな訳で実作業5分程。料金も186円で時計交換は完了しました。業者に預けるより遥かに安いですが、まぁこんなものって技術料と安心代ですからね。良いも悪いも無く、自分の価値観でどっちにするか考えればいいもんだと思います。

 

今回は個人的にはさほど敷居も高くなく、サクッと交換できたので満足です。これでまた、2,3年は持ってほしいなぁと。

 

おわり